もったいないばあさん日記

笑顔の練習/135

知人宅に遊びに行くと、鏡を見て笑っていた。「孫におばあちゃん何怒ってるのと言われて、怒ってないよと言うと鏡を見せられてね。ほら、怒った顔してるでしょって。ショックだった。鏡を見ながら笑おうとしたけど、顔がひきつって笑えないの。笑うってむつかしかったのね。

最後に笑ったのはいつだったかも思い出せなくて……。笑う練習を始めたの。だいぶうまくなったわよ」。

それからというもの、人の顔も気になって、同じようにもう少し笑ったらいいなと思う人には、笑顔の練習をすすめているんじゃと。

そういえば、繁盛している食堂の女将さんにこんな話を聞いたことがあるよ。「うちの店では、開店前に笑顔の練習をしています。笑いはおひさまのように顔を明るく照らし、心をあたためてくれるもの。
笑顔でお迎えすると、お客さまも笑顔を返してくださり、店が明るくなって、皆さんまた来てくださるんですよ」。
イライラ不機嫌な顔をしていると、相手もいやな気持ちになってしまう。だけど輝く笑顔でにっこりされたら、うれしくならずにはいられない。

もったいないことが多くてもったいなーいとばかり言っていると、しかめっ面になってしまうから、私も寝る前に鏡を見るようにしているんじゃよ。

時には笑顔の練習をしてみよう。
人生は一度きり。不機嫌な顔より笑顔で過ごさないと、もったいないからね。

 << 最初 < 前 インデックス 次 > 最新 >> 
もったいないばあさんのワールドレポート展
もったいないばあさんのワールドレポート展 / 本とDVDのご紹介
もったいないばあさんのワールドレポート展 / 生きものがきえる