もったいないばあさん日記

毎日新聞で、2005年から12年半の間連載された「もったいないばあさん日記」2017年以降の新聞掲載分と、2018年3月連載終了後のもったいないばあさんの日々の暮らしは、こちらで更新していきます。

もったいないばあさんの知恵袋

毎日新聞連載(2005年から2016年までの分)をまとめた本。もったいないばあさんがどんな時に「もったいない」と思うのか、日々の暮らしや人となりが描かれています。暮らしの歳時記や暦の話も加筆され、もったいないばあさんだからこそ言えること、大切に伝えていきたいことがつまった1冊。

続きは >>>

日本のいいところ/150

外国からのお客さんに「日本のいいところは?」と聞かれて、答えに困ったという人がいた。「日本の観光地はどこもちっちゃくて、すぐに見終わってしまうし、たいしたことない。日本は情緒があっていいって言うけど、それはどこにあるの」とね。おやおや、それはなんだかもったいない。情緒は感じるものだから、かけ足で、ぱっと見ただけではわからないかもしれないね。

続きは >>>

もったいない/149

「ごはんつぶ残したら目がつぶれるの?」ときく子がいた。私たちはお米の国に住んでいるからね。お米は日本人にとって特に大切な食べもので、それを粗末にするなんて、バチが当たるといわれてきたんじゃよ。食べものはみんな生きている、命あるもの。肉や魚も、お米や野菜も、私たちは食べることで、その命をいただいて生きている。だから感謝して残さないようにいただかないと、もったいない。目がつぶれるというのは、ごはんを残したり食べものを粗末にしたら、命や本当に大切なものが見えなくなるということじゃ。

続きは >>>

つま/148

新年のお食事会で、刺し身のつまは食べないという子がいて、もったいないねというと、「だって、つまらないものだからつまっていうんでしょ?」と。ほんとかね? それは聞いたことがなかったよ。

続きは >>>

汁物/147

1人暮らしのお年寄りに、おみそ汁やスープの汁物を作って届けている人がいる。具合の悪いときに食べたいものは汁物だって、自分が病気をしたときに気がついたんじゃと。

続きは >>>

温泉/146

温泉はいいねえ。お湯につかってあったまると、身も心もほぐれていい気持ち。手足の先からじんわりと、疲れが抜けていくようじゃ。

続きは >>>

きのこ/145

気持ちのいい秋晴れの日。河原でカレーを作っている子ども会の小学生がいたよ。のぞいてみると、しいたけの軸をもぎとっていたので、もったいなーいと、とんでいった。それはどうするんじゃね?

続きは >>>

金継ぎ/144

大事にしていたお茶碗が割れちゃったと落ち込んでいる人がいたよ。亡くなったお母さんが大切にしていた思い出の品という。「とても気に入っていたのに……」。とため息をついているので、またひっつけてみたらどうじゃろうと言ってみた。

続きは >>>

朝顔/143

夏の散歩は、朝の早い時間が気持ちいい。朝顔のグリーンカーテンが見事なお宅の前に女の子が立っていたよ。「早起きじゃね、おはようさん」と声をかけた。

続きは >>>

ごま/142

近所の人とおしゃべり。「毎日暑くて、火を使うのがいやで……。納豆や冷奴をおかずにしていたら、夫に手抜きした?って言われちゃって。台所から、コトコト煮えたりジュージュー焼けたり、いい匂いと音がしてほしいみたい。

続きは >>>

お茶/141

大好きなお茶の香りに誘われて、お茶屋さんの暖簾の奥へ。店の中では、若い人むけにお茶の飲み方教室が開かれていたよ。さわやかな新茶がいただけるこの季節、日本に生まれてよかったって思うんじゃ。

続きは >>>

タケノコの皮/140

「タケノコの皮って、どこまでむけばいいんでしょう?むきすぎてもったいないことになっていないか心配で……」という人がいたよ。タケノコ堀りに行って、たくさん採れて、初めて自分で茹でてみたとのこと。

続きは >>>

かしわもち/139

「もったいないばあさん、かしわもちの葉っぱある?」と子どもたちがやってきた。端午の節句に食べるおもちについて調べる宿題が出たんじゃと。「うちにはないねえ」「どっかにないかな」「去年の葉を干して置いてる人がいるかもしれないね。それか、他の葉っぱならあるかな」「他の葉っぱ?」「かしわもちは、他の木の葉で包むこともあるんじゃよ」「えー、どうして?」さあて、調べてごらん。宿題じゃ。

続きは >>>

ぼたもち/138

春のお彼岸に、友だちとぼたもちを作ったよ。そこで、ぼたもちとおはぎの話に花が咲いた。地域によって家庭によって、いろいろじゃね。

続きは >>>

おひな様/137

おひな様の家とよばれるお宅がある。立春を過ぎた大安の頃から、表から見えるようにおひな様が飾られているんじゃよ。いつもは静かな道が華やいで見える時期。おひな様が大好きな人たちが集まっている所に私もおじゃましたよ。

続きは >>>

縁側/136

縁側で日向ぼっこをしていると、友だちがお孫さんを連れて遊びにきたよ。娘さんご夫婦が建てた家で暮らし始めたばかり。新しい家もいいけれど、縁側がないのを寂しく思っているらしい。座って近所の人たちとおしゃべりしたのがなつかしいと話していた。

続きは >>>

笑顔の練習/135

知人宅に遊びに行くと、鏡を見て笑っていた。「孫におばあちゃん何怒ってるのと言われて、怒ってないよと言うと鏡を見せられてね。ほら、怒った顔してるでしょって。ショックだった。鏡を見ながら笑おうとしたけど、顔がひきつって笑えないの。笑うってむつかしかったのね。

続きは >>>

あいさつ/134

マンションに引っ越した人が、住人同士出会っても挨拶をしないことがあって残念と話していた。前に住んでいたところは、皆顔見知りで、声かけ合って暮らしていた。面倒だと思うこともあったけど、今から思えば気軽に挨拶ができる関係は、有難いものだった。

続きは >>>

衣替え/133

今年は夏が長かったから、まだ衣替えをせず、重ね着で過ごしている人もいるようじゃ。これから急に寒くなるから、そろそろ夏のものをしまい、冬ものの準備をしておこう。

続きは >>>

昔遊び/132

幼稚園の子たちがお年寄りの施設に遊びにきてくれたよ。おじいちゃんたちと竹ぽっくりを作り、おばあちゃんたちとお手玉を作ってあそび、みんな楽しそうじゃった。祖父母と暮らす子どもたちが減って、おもちゃを自分で作って楽しむ昔ながらの遊びをすることが、今は少なくなったという。

続きは >>>

| << 最初< 前 - 2 -  
もったいないばあさんのワールドレポート展
もったいないばあさんのワールドレポート展 / 本とDVDのご紹介
もったいないばあさんのワールドレポート展 / 生きものがきえる