もったいないばあさん日記

きのこ/145

気持ちのいい秋晴れの日。河原でカレーを作っている子ども会の小学生がいたよ。のぞいてみると、しいたけの軸をもぎとっていたので、もったいなーいと、とんでいった。それはどうするんじゃね?

「食べられないから捨てようと思って」という。きのこの軸には旨味がいっぱい。捨てるなんてもったいない。軸の部分だけとっておいて、わざわざ集めて使う人もいるくらい、きのこの軸からは、いいダシが出るんじゃよ。下の硬いところだけをとって、うすく切ってから、スープや鍋に入れるといい。炒め物にも使えるよ。

カレーの材料をみると、しいたけだけでなく、舞茸やしめじ、えのきなどもある。今日のメニューは、季節のきのこカレーなんじゃね。せっかくだから、とびきり美味しいものを作ってみないかい?軸も使ってね。「は、はい」と返事してくれた子どもたち、ちょっとびっくりさせてしまったかな?

まずはきのこの軸を切ってから、ざるに並べて干しておこう。お日さまの力でさらに美味しくなるんじゃよ。
そして、きのこの旨味は熱によってゆっくり引き出されるものだから、水の時から入れようね。

こんなふうに、いろんな種類のきのこが一緒に入ったら、旨味もいろいろ重なる相乗効果。今日のカレーは、お日さま効果も入ったし、軸の旨味も逃さずに、きっと一番美味しいよ。

 << 最初 < 前 インデックス 次 > 最新 >> 
もったいないばあさんのワールドレポート展
もったいないばあさんのワールドレポート展 / 本とDVDのご紹介
もったいないばあさんのワールドレポート展 / 生きものがきえる