もったいないばあさん日記

タケノコ〜春の出会い/151

大好きなタケノコももうすぐ終わり。今年もたくさんいただいたけど、いつまでも名残惜しいよ。ゆでたてのタケノコは、何物にも代えがたいくらい美味しいからね。

「タケノコゆでたことない。なんだかめんどさくそうで」という人がいたので、それはもったいない。一緒にゆでてみようとなった。

1タケノコの先端を斜めに切り落とし、さらに縦に切り目を入れる。
2水に、タケノコとぬかとトウガラシをいっしょに入れて火にかけ、沸騰したら弱火で40分〜1時間くらい茹でる。
3さめるまで放置。
4皮をむく。
ほれ、簡単じゃろ。

竹冠に旬と書くタケノコは、旬を代表する食べものじゃ。他にはない独特の味と香りがあって、〜のようなという表現ができないように思う。この季節にしか味わえない唯一無二の風味だからこそ、ますます魅了されるのかもしれないね。

ところで、春のもの同士は相性がいいという。
ゆでたタケノコとワカメで、若竹煮を作ったよ。
山の春のタケノコと、海の春のワカメが出会った、出会いもの。

春には初めて出会う人もたくさんいるじゃろうけど、
ワカメとタケノコのように、相性のいい出会いがあるといいね。

 << 最初 < 前 インデックス 次 > 最新 >> 
もったいないばあさんのワールドレポート展
もったいないばあさんのワールドレポート展 / 本とDVDのご紹介
もったいないばあさんのワールドレポート展 / 生きものがきえる